借地権の種類

借地権の種類

管理人 No Comments

そもそも借地権と言っても細かく分類すると五種類に分かれる事になります。借地権も相続税や贈与税の課税対象になりますのでしっかりと相続する借地権の内容をチェックして置く事が重要になります。規定日付降に借地契約を行った新法における普通借地権の場合には、木材建築とそれ以外の建築の区別がないのが特徴です。存続期間は30年となっていますが貸主と借主が30年以上の存続期間を設定した場合には、その期間が有効になります。

これに対して定期借地権は、更新が出来ない借地権になります。決められた時期が来たら更地にして土地の持ち主に返還しなければいけません。一般的な借地権ですと返還時期が読めないので定期借地権の方が土地の所有者には管理がしやすいという事になります。

借地権の存続期間を50年以上設定できるのが一般定期借地権です。これまでの借地権よりも長い期間借りる事ができます。返還時期になったら定期借地権と同様に建物を壊して返還します。

建物譲渡特約付借地権は、借地契約後30年以上を経過した時点で地主が建物を買い取ることを最初から契約した借地権です。マンションなどに良く使用される契約になります。

五つ目は事業用定期借地権で、事業用に使用する借地権になります。10年以上であり50年に満たないという期間を定めて契約され借地契約終了後は建物をきちんと取り壊して返還します。

借地権の相続

管理人 No Comments

最近ニュースなどにも度々登場するようになってきた借地権ですが、本当の意味をご存知ですか。元々借地権という物は、建物などをたてる目的で、土地の所有者に地代を支払って土地を借りる事ができる権利の事を言います。ここで勘違いして欲しくないのが、ゴルフ場や屋根の無い駐車場、資材置き場など建物が無いような場合には、借地権とは言いません。

普段はそれほど気にしなくても大丈夫な借地権ですが、アパートやマンションを経営している方にとってとても重要な権利となっております。また、相続する場合などはいきなり借地権と言われてもどのように相続したら良いのかや、そもそも相続するとどのようなメリットのある権利なのかわからない方も多いと思います。その為、相続する可能性がある事がわかったら、なるべく早く借地権の相続内容についてはしっかりと理解しておく必要があるのです。

そこでこちらのページでは、これまで普通の生活をしている方にとってあまり馴染みがないであろう借地権についての情報をご紹介します。借地権は被相続人がお亡くなりになった段階で、一般的な遺産と同様に相続の対象になってきますので、非常に重要な案件です。借地権の状況によっては、元々の土地の所有者に対して承諾料や更新料を支払う必要が出てきてしまう重要な案件ですので、しっかりと確認しておく事が重要になります。地主との折り合いが悪い場合などにも必要な知識ですので、お時間がある時にでも構いませんので、ぜひ一度目を通してください。