借地権も相続の対象になります。基本的に普通の土地を相続するような認識で問題ありません。その為、借地権も相続税の対象になりますが、一般的な相続税ではなく、土地が更地である事を仮定とした場合の評価額に借地権割合を掛けて求める事ができますので、一般的な相続税よりは割安になっております。借地権割合については全国で一律ではなく、地域ごとに路線価図や評価倍率表に表示されていますので事前に確認する事が重要になります。

借地権も相続の特徴としては、土地を借りている地主の承諾が必要ありません。もちろん土地の賃貸借契約書を書き換える決まりもありません。地主には被相続人から土地の借地権を相続し取得した事を通知するだけで大丈夫なのです。

また中には相続をしたタイミングで返還を土地の所有者から依頼される場合がありますが、基本的に借地権によって相続する方の権利は守られておりますので、地主さんからの要求を断る事が出来ます。同じく土地の所有者から地代の値上げを依頼される場合があります。地代は自体は物価の変動であったり、公租公課の変動や近隣相場の変動によって増額減額請求ができる事がしっかりと契約書に明記されていますので拒否する事はできません。
借地権は相続の際のトラブルが発生することも少なくありません。問題が起きた際は弁護士や借地権の相続に詳しい専門家へ早めに相談をしてみましょう。

Comments are closed.