借地権を相続する時には、土地の所有者との友好な関係を築くのが最も重要になります。借地権自体はすでに20年近くたっている事もあり、お互いの状況が変わっています。その為、いかにトラブルを起こさずに借地権を相続するのかが重要になってくるのです。

借地権のある土地を使用する時に最も注意しなければいけないのが子供名義で建物を新築する事です。特にお子様と同居する際などは、息子さんが新築の資金を住宅ローンなどを使って調達しますので、建物が息子さんの名義になってしまう可能性もあります。その場合に、地主さんに話を通しておけば問題ないのですが、仮に話を通さずに勝手に新築してしまうと、地主さんから新築する名義が借地名義と違うのでまた貸しだと言われて許可がおりない場合があります。

このような場合には、契約書に記されている無断転貸禁止条項などの債務不履行などを理由に借地権の契約解除の申し立てをされる可能性があります。また、同様に二世帯住居の新築なども名義が別れる場合もありますので、あらかじめ地主さんに親の借地権を子供に転貸する事の許可をとった上で話をすすめるようにしてください。話しを通す順番さえ間違わなければ簡単にトラブルを回避することができます。

Comments are closed.