事前に確認するポイント

事前に確認するポイント

管理人 No Comments

借地権を相続する時には、土地の所有者との友好な関係を築くのが最も重要になります。借地権自体はすでに20年近くたっている事もあり、お互いの状況が変わっています。その為、いかにトラブルを起こさずに借地権を相続するのかが重要になってくるのです。

借地権のある土地を使用する時に最も注意しなければいけないのが子供名義で建物を新築する事です。特にお子様と同居する際などは、息子さんが新築の資金を住宅ローンなどを使って調達しますので、建物が息子さんの名義になってしまう可能性もあります。その場合に、地主さんに話を通しておけば問題ないのですが、仮に話を通さずに勝手に新築してしまうと、地主さんから新築する名義が借地名義と違うのでまた貸しだと言われて許可がおりない場合があります。

このような場合には、契約書に記されている無断転貸禁止条項などの債務不履行などを理由に借地権の契約解除の申し立てをされる可能性があります。また、同様に二世帯住居の新築なども名義が別れる場合もありますので、あらかじめ地主さんに親の借地権を子供に転貸する事の許可をとった上で話をすすめるようにしてください。話しを通す順番さえ間違わなければ簡単にトラブルを回避することができます。

借地権も相続の対象

管理人 No Comments

借地権も相続の対象になります。基本的に普通の土地を相続するような認識で問題ありません。その為、借地権も相続税の対象になりますが、一般的な相続税ではなく、土地が更地である事を仮定とした場合の評価額に借地権割合を掛けて求める事ができますので、一般的な相続税よりは割安になっております。借地権割合については全国で一律ではなく、地域ごとに路線価図や評価倍率表に表示されていますので事前に確認する事が重要になります。

借地権も相続の特徴としては、土地を借りている地主の承諾が必要ありません。もちろん土地の賃貸借契約書を書き換える決まりもありません。地主には被相続人から土地の借地権を相続し取得した事を通知するだけで大丈夫なのです。

また中には相続をしたタイミングで返還を土地の所有者から依頼される場合がありますが、基本的に借地権によって相続する方の権利は守られておりますので、地主さんからの要求を断る事が出来ます。同じく土地の所有者から地代の値上げを依頼される場合があります。地代は自体は物価の変動であったり、公租公課の変動や近隣相場の変動によって増額減額請求ができる事がしっかりと契約書に明記されていますので拒否する事はできません。
借地権は相続の際のトラブルが発生することも少なくありません。問題が起きた際は弁護士や借地権の相続に詳しい専門家へ早めに相談をしてみましょう。